アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
come wander with me
ブログ紹介
なだらかに続く平凡な日常の先端に居て、
そこから見える様々な景色を誰かに伝えたくなります。
zoom RSS

GROWING KOBE 【EVENT】

2009/10/28 15:42
10月25日。



淫酒版画展』から帰ってきて、泥のように惰眠を貪りましたが、
疲労は殆ど回復せず!
やっぱりオールの影響はかなりデカイです。


そんな身体を酷使するかの様に、翌日神戸へ行ってきました。
GROWING KOBEというGOING KOBEの秋版みたいなイベント、ですか?
詳細はよく把握していないンですが、この日のお目当ては勿論The OLDTONES
まさにその為だけに神戸へGO!




短い時間でしたがオルトンちゃんはやっぱり素敵です。
可愛いしカッコイイ★
来月21日のKING COBRAも俄然楽しみにしてます♪




2009年11月21日

ドライビングSKA!レコ発パーティー♪
@心斎橋KINGKOBRA

OPEN / START 17:00 / 18:00
ADV / DOOR 2500 / 3000

※VA.ドライビングSKA!の帯もしくはレシート持参で500円キャッシュバック!
※抽選で1名様にドライビングSKA!をプレゼント♪

■□■□■□■□■□■□■

-BAND-

Yum!Yum! ORANGE
レトロ本舗
RUDE STOMPERS
Snakey&Stormy Mondays
The OLDTONES

■□■□■□■□■□■□■





◆The OLDTONES / breakaway (Cover / Live) *Japanese girl SKA!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


高津直由 a.k.a DETERMINATIONS 淫酒版画展 【EVENT】

2009/10/28 15:29
10月24日。



仕事終わりでNOONへ直行。
元デタミの高津さんの『淫酒版画展』。
とにかく物凄い人、人、人!
僕が着いた時には400人程入っていた様子。



ART: 高津直由 (a.k.a DETERMINATIONS)
LIVE: EGO-WRAPPIN' / イノウラトモエ / 大角竜央 × 今給黎久美子
DJ: 中谷隆一 (CRACKER JACKS) / 渡辺俊美 (TOKYO NO.1 SOULSET / ZOOT 16)
金山司郎 (TSUKASA RECORDS) / TUCCHIE & MONKEE PUNCH (DOUBLE BARREL)
FOOD: アバニコ



僕が会場に入ったら既にライブはイノウラトモエ
大角竜央 × 今給黎久美子は既に終わってました…。
残念…。



しかし、イノウラトモエのライブかなりパワフルなステージで圧巻でした♪
フロアは既に異様な熱気。



EGO-WRAPPIN'の登場でついに会場は沸点に達したッ!!!
基本エゴのふたり+ドラムというアコースティックでかなりレアなライブ。
サイコアナルシス”や”PARANOIA”はアコースティックでも勢い衰えずッ!イノウラトモエの浦さん参加の”a love song”でまった〜り。
アンコールでは高津さんが「わざわざ来てくれやんでも呼んでくれたらこっちから行ったンや〜」と大木こだま級の挨拶!
会場大ウケッ!
犇き合う人いきれで汗ダクになって凄い疲れたけど、凄い良いライブでした。




で、その高津さんの版画も物凄いアジがあって良かったです。
版画て中学のときに授業でやったけど、かなりの労力ですよね。
『焼酎に蜂蜜を…』みたいな詩?が入ったヤツが個人的にはかなり好きでした。




例によってかなりの睡魔に襲われ、自我を保っているのがやっとでした…。やっぱりオールは辛い…。
でも良かった、とにかく良かったです!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『空気人形』と『プール』【映画】

2009/10/16 21:01
梅田のガーデンシネマは水曜は男性も1000円で観られる素敵な映画館です。
なので先の水曜日やってきました、映画のハシゴ。


空気人形』と『プール』。


気になっていた映画だったので助かりました。
2000円で2本見られるなんて素晴らしいです!!
活用しない手はありません♪



さて『空気人形』。
予告編からずっと気になっていました。
リンダリンダリンダ』でペ・ドゥナを見て、彼女のことを好きになったことと、この映画に<哲学>を感じたからです。


人形は心を持ってしまったが故に、人間に恋をしてしまう。そして嘘をつく。
心を持つとはどういうことかのか。
身体は心の受け皿でしかないのか。
人は人の心を愛するのか、身体を愛するのか。
ちょっとダークなお伽話的、童話的でもあるような気がします。


第62回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映。
原作は業田良家の『ゴーダ哲学堂 空気人形』。
あ、やっぱり哲学だったンですね。


是枝裕和監督最新作 映画『空気人形』 公式サイト



で、『プール』です。
監督は違えど『かもめ食堂』『めがね』のスタッフが再集結したとあっては観に行かない訳には行きますまい。


タイの古都チェンマイのゲストハウスが舞台。
豊かな木々に囲まれたプール。
その脇に設えられたリクライニングチェアと大きなパラソル。
プールの水面はきらきらと陽の光を受けて輝いている。


相変わらずのゆるさは健在。
小林聡美さん演じる京子が歌う「君の好きな花」とても素敵でした♪
タイ料理食べてみたくなりました。
てかビー君かわい過ぎでしょ!


人と人の繋がりッて、何なのかなッて考えさせられました。
自分のしたいことを優先させるのが本当のしあわせのか。
周りの人のことを考えて自分が本当にしたいことを我慢するのは良いことなのか。
他人との関わりなしに生きていくなんて、無理。
そう思う。
僕自身本当に沢山の人達の支えあって生かされているなァと思うことも多々あります。
我儘でも自分勝手でも、そういう人なんだ、と周りに納得させられればありなんですかね?
むむむ…。


すべての理由はまるで語られないままだけれど、多分それで良いンですよね。
理由なんて、愛ひとつあれば十分だから。


プール公式サイト


原作は映画に合わせて描かれた桜沢エリカさんの同名コミック。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


みなさん、ご無沙汰しております。

2009/10/09 23:46
気が付けば季節をひとつ通り過ぎ、秋になっていました。
このブログも3年目に突入、しかしてなかなか更新出来ない日々…。
今日の更新はなんと5ヵ月ぶりです…。

休止していた最中もいそいそとライブや映画館に脚を運んでおりました。
以下、列記してみました。
音楽に関しては、この夏はサマソニでSPECIALSを見れたことが最高に幸せでした♪SKAが大好きなんでこれはもう本当に大興奮なライブでした。
あとはSOUND SKAというマンスリー・イベントでDJをさせて頂いたりと、かなり恵まれた夏でした。

4/18 浅草ジンタ『刹那』リリースパーティー @京都MUSE
 ライブ:浅草ジンタ、The OLDTONES、踊ろうマチルダ、MOTORS
4/23 SOUND SKA Vol.3 @club STOMP

5/2 MUSIC DAY 2009 Hoppin' & Steppin' SHOW CASE in OSAKA!@DROP
 ライブ:The OLDTONES 他
5/2 SKA BAR @club STOMP
 ライブ:ICCHIE、Rojo Regalo
5/5 OSAKA TWIST AND SHOUT @club STOMP
5/24 NUTTY PARK Vol.10 〜2ND ANNIVERSARY SPECIAL @OSAKA MUSE
 ライブ:BORDeR LINeS、WAVE ISLANDS、K-106、オーサカ=モノレール、DOBERMAN

6/1 FM802開局20周年記念イベント『RADIO MAGIC』@大阪城ホール
 出演:浜崎貴司(FLYING KIDS)、SEAMO、青山テルマ、清水翔太、藤井フミヤ、平井堅、一青窈、小田和正、松たか子、SING LIKE TALKING
6/21 OSAKA SKANKIN' NIGHT @NOON
 ライブ:the Chant、commodo、Descriptions、GREEN GREEN
6/24 SOUND SKA Vol.5 @club STOMP

7/4 SKA BAR @club STOMP
7/5 HEAT WAVE Vol.2@SOUND CHANNEL
 ライブ:The STIRReRS、SiX BULLETS、commodo、MONEY SPYDER、pug 27
7/11 OSAKA TWIST & SHOUT @club STOMP
7/22 SOUND SKA Vol.6 @culb STOMP

8/8 SUMMER SONIC 09 OSAKA @舞洲特設会場
 出演:BOYS LIKE GIRLS、SCHOOL OF SEVEN BELLS、LINDBERG、PARAMORE、PUFFY AmiYumi、MERCURY REV、MEW、RAZORLIGHT、TAHITI 80 他
8/9 SUMMER SONIC 09 OSAKA @舞洲特設会場
 出演:HOLLYWOOD UNDEAD、MANDO DIAO、EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX、JOAN JETT AND THE BLACKHEARTS、THE TINS TINS、ELVIS COSTELLO AND THE IMPOSTERS、THE SPECIALS、LINKIN PARK 他
8/27 SOUND SKA Vol.7 @club STOMP(DJとして出演)
8/29 夜★スタ -第十四話- @DROP
8/30 DROP de SKA!! @DROP
 ライブ:The OLDTONES、UR家、GOOD BETTER BEST 他

9/5 SKA BAR @club STOMP
 ライブ:SOUL FIRE
9/6:SWEET VACATION インストアライブ @タワーレコード丸ビル店の外
9/17 BIRD WATCHING @NOON
 ライブ:MONEY SPYDER、THREE SEVEN、pug27
9/23 SOUND SKA Vol.8 -SPECIAL!!- @club STOMP(DJとして出演)
 ライブ:the Chant、Z番長
9/26 夜★スタ -第15話- 2周年記念パーティー
9/27 黄昏の伊丹トランジット @伊丹空港北ターミナル4階展望デッキ
 ライブ:RUSTIC PANS、CROSS FIELD

10/4 FUZZ SKA GO!GO! @三国ヶ丘FUZZ
 ライブ:SNAKEY & STOMY MONDAYS、a capriccio、LOS SKAUTERS、Tropican'S


映画は麻生久美子さんですね。特に良かったのが『おと な り』です。来月早々にDVDが発売になるそうなんで是非購入して繰り返し見たい作品でス。
あとは『重力ピエロ』『ラッシュライフ』といった伊坂幸太郎作品の映画化。『重力ピエロ』はかなり胸にくる内容だったし、『ラッシュライフ』は東京芸術大学の学生さんたちとのコラボ作品でしたが個人的には凄く好きでした。
生誕100年を迎えた太宰治の『斜陽』や『ヴィヨンの妻』も鑑賞させていただきました。『ヴィヨンの妻』はモントリオール世界映画祭で根岸吉太郎監督が監督賞を受賞しましたよね。気丈な松たか子さんが素敵でした。
あと、この夏の個人的大ヒットはやっぱり『サマーウォーズ』でしたね。あんなにハラハラドキドキして、ほろりと泣けて、清清しい青春アニメ映画は他にないでしょう!!本当に素晴らしい作品でした!!これまたDVDが発売になったら絶対購入です♪

6/3 おと な り
6/9 インスタント沼
6/22 重力ピエロ、ウルトラミラクルラブストーリー
6/29 斜陽
7/1 ディア・ドクター
7/10 ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ(試写会)
7/12 ラッシュライフ
8/26 南極料理人
9/2 色即ぜねれいしょん
9/17 サマーウォーズ
10/3 女の子ものがたり


本も沢山読んだンですが、こちらは記録に残しておりませんでしたので思いつく限り書いてみます。

村上春樹『1Q84』(新潮社)
橋本紡『ひかりをすくう』(光文社文庫)
橋本紡『空色ヒッチハイカー』(新潮社文庫)
平野啓一郎『あなたが、いなかった、あなた』(新潮社文庫)
森見登美彦『宵山万華鏡』(集英社)
森見登美彦『きつねのはなし』(新潮社文庫)
小路幸也『東京公園』(新潮社文庫)
アンソロジー『眠れなくなる 夢十夜』(新潮社文庫)
有川浩『阪急電車』(幻冬舎)
有川浩『植物図鑑』(角川書店)
伊坂幸太郎『あるキング』(徳間書店)
まなべゆきこ『おと な り 萌芽のころ』(角川書店)
辻村深月『ロードムービー』(講談社)
甲斐みのり『好き・のち・しあわせ』(サンマーク出版)
松浦弥太郎『今日もていねいに。』(PHP研究所)

と、まァこんな感じでして、橋本紡さんの作品がやっぱり好きだなァと感じました。
平野啓一郎さんの実験的な作品には毎度毎度驚かされるし。
この夏はやっぱり村上春樹『1Q84』でしたね。初の三人称小説。独特の世界観。とにかく面白いッ!普段は通勤電車でしか本を読まないンですが、これは家でも読んでましたね。何年後かにまた再読したら違う印象を持つンだろうなァという気がしています。


という訳で今度こそ本当に、あまり溜め込まずに少しずつまめに記していこうと思いますので、皆様またどうぞ宜しくお願い致します♪
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10


ホノカアボーイ 【映画】

2009/05/01 01:44
4月15日の話です。
この週で公開終了ということだったので『ホノカアボーイ』を見てきました!

画像











監督:真田敦
原作:吉田玲雄
脚本・プロデュース:高崎卓馬
撮影:市橋織江

出演:岡田将生、倍賞千恵子、長谷川潤、蒼井優、深津絵里、松坂慶子

実はちょっと侮っていたのですが、見事にやられました。
かもめ食堂』とよく比較されるみたいですが、負けず劣らずで料理は本当に美味しそうでした。丁寧に生きるッて、大切なんだなッて考えさせられました☆

そしてやっぱり光っていたのが倍賞千恵子さん!本当に可愛らしくて、すごく好きになりました。何から何までほんとうに可愛いくて、癒されました。

笑いどころも沢山あったし、しんみりしちゃうシーンもあって飽きることが無かったです♪
あたたかくて、優しくて、ほんのり切なくて、癒されて、ゆったりした内容なのに沢山の感情を与えてくれる映画でした。

ほんと、素晴らしかったです☆
今度ロールキャベツ作ってみようと思います。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


THIS IS ENGLAND 【映画】

2009/04/29 21:43
4月13日の話です。

観て参りました『THIS IS ENGLAND』。

画像











THIS IS ENGLAND』(2006年、イギリス)
監督:シェーン・メドウズ
出演:トーマス・ターグーススティーヴン・グラハムジョー・ハートリー


サッチャー政権下のフォークランド紛争、労働問題や人種差別などを様々なイギリスの社会問題を盛り込んだ青春映画です。
12歳の少年がスキンヘッズ(スキンズ)と呼ばれるファッションに身を包んだグループと交流を持つところから物語は始まります。
前半はスキンズのファッションなんかに興味深々でしたが、後半はちょっと思想的な話も絡んできてちょっと重たい雰囲気も立ち込めていましたが楽しめました♪
スキンズが好んで聴いたブルービートや2トーン、ノーザンソウルなどでも音楽も良かったし。

イギリスにユースカルチャーを盛り込みまくった映画としては、『トレインスポッティング』や『さらば青春の光』ともよく比較されるみたいですね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京都ロンドン化計画 @ 京都MUSE 【EVENT】

2009/04/27 09:53
4月11日の話です。
東京ロンドン化計画 17周年スペシャル『京都ロンドン化計画』に行って参りました♪
オシャレさんばっかりでかなり熱いイベントでした♪
京都まで行った甲斐ありました!

【DJ】
東京ロンドン化計画 All Stars
INAMI / ZAKO / 佐藤 彰 / KIMIYOSH / ハルキカナマ / RYM / BBM

【Guest DJ】
SHIRO (FACING FACTS / 東京)
A-Arai(PLASTIC HEAD・RUDE BOY NITE / 大阪)

【Live】
the Rattle Snakes (大阪)
ROLLINGS (東京)
The Fave Raves (東京)
DOBERMAN (大阪)
ONE TRACK MIND (東京)

DJはソウル、R&B、オールディーズ、スカに2トーン、アイリッシュ、ビッグビートにエレクトロ、その他諸々のオシャレな音の洪水でした!

ライブも勿論素晴らしかった☆
特にDOBERMANの盛り上がり具合は凄まじかったですね〜。
僅かな時間でしたがかなり良い汗かきました!
DOBERMAN朱い太陽


ROLLINGSはほんとに短かったなァという印象で、もっと見たかったです!

ONE TRACK MINDのトモダチ(20世紀少年)での登場には笑いましたが、これまたアッと言う間で…。
欲を言えば”REMEMBER YOU”聞きたかったな〜。
ONE TRACK MINDダウンタウン


今年はかなり良いイベントが立て続けにあって嬉しいです!
楽し過ぎです♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


NITE PUB @ club STOMP 【EVENT】

2009/04/26 11:25
4月5日の話です。
NITE PUBとうイベントに行ってきました。
こんな感じのSKAイベントです。↓↓↓
http://www.natural-flow.info/nite-pub.html

【Live】
MOTORS / RUDE STOMPERS
NATURAL FLOW / HUG KICK LEE
【DJ】
MANABU/MAMORU/金座ライオン

HUG KICK LEE
コンビニの店長の話も面白かった。いやいや、勿論ライブもカッコ良かったです♪
GOING神戸の出演も決まっているとか。

RUDE STOMPERS
僕が今一押しのネオスカバンドで、結構ライブは欠かさず見に行ってます♪
アンコール2回もしてくれて、この日の盛り上がり具合は凄まじかったですね
☆めちゃくちゃ踊りまくらせてもらいました♪
新曲もカッコ良い!
RUDE STOMPERSIKUNO SKA


NATURAL FLOW
久々にライブ拝見しましたが、脱力系でほろ酔い気分で聴くのがより心地良い。
ほんとに良いバンドさんです☆

MOTORS
ヴァルハラ”からのスタートははなり熱かったです!
MOTORS、何か男気を感じます。
RUDE STOMPERS”にしてもそうでしたが、実は風邪をひいていたので大人しく見ていようと思っていたのですが、前に行っちゃうとやっぱりダメですね、身体がうずうずして結局踊りたおして汗ダクでした…。
MOTORSfreesia


この日はTHE CLASH率がちょっと高めでした♪
DJさんたちもよく回してたし、バンドさんもカバーしていたし。
とにかく楽しい一日でしたが、翌日の仕事は本当に辛かったです…。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


PUNK SPRING 09 OSAKA @ Zepp Osaka 【FES.】

2009/04/25 10:44
またまた随分と溜め込んでしまいました…。
4月3日の話です。
毎年恒例、PUNK SPRINGに行ってきました♪
回を重ねる毎に規模が収縮してきている感は否めませんが、とにかく良かったです!

特にTHE DAMNED
特にBAD RELIGION
特にNOFX

UKパンク界の御三家THE DAMNED
ベタな曲しか知りませんでしたが、全体的にメロディが親しみやすく、かなり楽しめました。
The Damned Neat Neat Neat


中でも今回個人的に一番テンションがテンコ盛りに上がったのがBAD RELIGIONでした!
流石メロコアの元祖、堂々の風格で立て続けに名曲を披露する中”AMERICAN JESUS”〜”GENERATOR”の流れが最高に素晴らしくて思わず唸りました♪
Bad ReligionAmerican Jesus
http://www.youtube.com/watch?v=3Oe_Rxt9wB0
Bad ReligionGenerator


トリのNOFXは相変わらず無駄口が多かったですが、やっぱり各楽曲の持つ底力に妙に引き付けられてしまって、まんまと楽しかったです♪ほんと、もっとたたみかけてくれたら、もっと熱中出来るのにな〜。
NOFXBOB


メロコアは学生の頃に取り憑かれたように聴いていたのでやっぱり興奮してしまいます。
懐かしくもあって、色々な記憶が甦るというか。

最近は新しいバンドやアーティストを全然チェックできていないのですが、純粋にパンクをやっているバンドってどんどん減ってきているような気がしています…。
はてさて、来年のPUNK SPRINGが気になるところです。



Splinter
Sony/BMG Japan
The Offspring

ユーザレビュー:
その歴史に終止符を打 ...
デクスター・ホーラン ...
変わらない良さ低い評 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


森見登美彦 / 恋文の技術 【小説】

2009/03/11 20:29
画像











森見登美彦
恋文の技術
ポプラ社
02009/03/07

随分と久しぶりです、本のご紹介…。
かなり読んではいたンですけどね、溜まっている分も少しずつご紹介出来ればと思う今日この頃であります。
ライブの日記も溜め込んでしまってます…。早く書かなければ…。

さて、今回は森見登美彦氏の新刊『恋文の技術』です。
asta*」に連載されていたものがようやく単行本になりました。大幅な加筆・訂正が行われているそうです。

今作は書簡体小説です。
主人公・守田一郎が様々な人々と文通するという体で物語(?)は進んでいきます。
色ンな人たちと文通を交わす中で手紙の技術を身に付け、意中の女性・伊吹さんをメロメロにする恋文を書き上げようと考える守田。そして、そんな彼の恋文の指南役に抜擢されたのが作家・森見登美彦森見登美彦は大学の先輩という設定でこれまた長々と文通を繰り返してます。

相変わらずの独特な語り口がクセになる感じで、思わず電車の中で読んでいても思わずニヤニヤしてしまう。
面白みがじわじわと広がってくる秀作です♪
そして、またこの装丁が素晴らしいですね。
可愛いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


WONDERLUST 【映画】

2009/02/21 01:02
二日続けて映画ネタです♪
1月31日の話です。

友達から教えてもらわなければ、僕はこのオシャレな映画を見逃していました。
なんと、あのマドンナ監督作品『WONDERLUST』です。

画像










脚本:マドンナダン・ケイダン
製作総指揮:マドンナ
出演:ユージン・ハッツホリー・ウェストンヴィッキー・マクルア

これがマドンナの堕落論

というコピーが躍っていました。
初監督作品とは思えない程の、沢山の魅力に溢れた映画でした。

特に素晴らしかったのがAK役のユージン・ハッツです。
ヴィンセント・ギャロを彷彿とさせる存在感が兎に角いちいちカッコ良いわけです。
彼の存在なくしてこの映画は完成しなかったのではないでしょうか。
ユージン・ハッツ演じるAKはSMクラブの調教師をしながらミュージシャンを目指すという特異な役だが、やっぱりそのライブシーンがカッコ良い映画は映画そのものがカッコ良いわけです♪

ユージン・ハッツ自身もGogol Bordelloというジプシーパンクバンドを率いており、昨年はフジロックにも出演していたらしいです。
■Gogol Bordello - Wonderlust King (Live)


夢と現実の狭間で揺れ動く三者三様の思い…。
果たして夢は夢のままで終わってしまうのか…。

マドンナの才能もコレでもかと見せ付けられました♪

■予告編


WONDERLUST公式HP →
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


少年メリケンサック 【映画】

2009/02/19 21:27
画像












監督・脚本:宮藤官久郎
音楽:向井秀徳
メインテーマ:銀杏ボーイズ「ニューヨークマラソン」

出演:宮崎あおい,ユースケ・サンタマリア,佐藤浩市

本日、観て参りました『少年メリケンサック』。
鬼才・宮藤官久郎監督脚本の音楽映画と聞いて観に行かない訳には行きませんッ!

冒頭、25年前の少年メリケンサックのライブシーンから心臓鷲掴みにされました。
PUNKの持つ初期衝動を武器に、最初から最後まで一気に駆け抜ける感じ。
オヤジたちの終わらない青春の映画です。

僕の大好きな銀杏BOYZも出演しているし、何より主演の宮崎あおいのコロコロ変わる表情がなんとも愛らしい。
聞くところによると、大河の篤姫の撮影と並行してこの役を演じていたという…。
まるであんなにテンションの違う役を同時進行していたなんて恐るべき女優魂です!

百聞は一見に如かず!
このハイテンションパンク青春ムービー、是非劇場で鑑賞していただきたいですね。
学生の頃はよくパンクのライブに通っていたので、胸に熱いものが込み上げてきました。
素晴らしい映画です♪

■予告編


少年メリケンサック公式HP →
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


LOS SKAUTERS 7inchi Record Release Party 【EVENT】

2009/02/15 21:57
心身ともになかなか充実がはかれず、結構このblogもさぼりがちになっていました…。
その間も色々ライブに行ったり、本を読んだり、音楽聴いたり、映画見たりはしてたンですけどね。
少しずつではありますが、ご紹介していきたいと思います。

1月24日の話です。
★POP UP! <2st ANNIVERSARY!> presents
【LOS SKAUTERS 7inchi Record Release Party!!!】

というイベントがありまして、行って参りました。
久々のオールでした。

【Special Guest Live】
 CAPITAL RADIO

【Guest Djs】
 Sano-P(TIME TO THE SMITHS)
 TAISHI IWAMI(music music bar ROCKROCK)
 Yossy(FUNNY RADIO)
 &AOYAMA TOSHIHARU!!(PUBLIC CAFE)

【Live】
 LOS SKAUTERS

【Djs】
 YOSHIDA AKIHIKO,WATTAN

といった風な内容です。
POP UP!というROCK DJイベントとLOS SKAUTERSの1st7インチのレコ発のコラボですね♪
4時過ぎ起きの早番の後で行ったので、最後1時間がかなり辛かった記憶が…。
気付いたら椅子で寝てました…。

なかなか見る機会に恵まれず、なんやかんやで一昨年のRUDE BOY NITEぶりにライブを見ましたが、やっぱりカッコ良かったですね、LOS SKAUETRS。DJさんを中心に結成されているということで、ツボを突いたメロディやアレンジ、カバー曲のチョイスも素敵です☆衣装とかもきまっててまたカッコ良し♪

しかも会場限定で7インチが500円でした!太っ腹ッ!同じ内容のCDもおまけにもらっちゃいました☆レコードプレイヤーのない人でも聴けちゃいますね。何と言う心くばり!
もう限界に眠たかったのですが、家に着いてからとりあえず3回くらい繰り返して聴いて寝ました。

画像
   国内盤7インチEP
   価格1,000円(税込み)品番MR-001
   SIDEA:SKAUTERS WANT YOU!!
   SIDEB:CANPY GYRO
   ※限定版は数量に限りがあります




大阪発UKスタイルSKA/ROCK バンドLOS SKAUTERS!!
待望のファーストEPが2009.1.24に発売
THE SPECIALS,MADNESSをはじめ 2 tone,MODS,SKINS,SKA,UK ROCKに
影響を受けた8人のこだわりのつまった渾身の一枚!!

(HPより引用)

LOS SKAUTERS / SKAUTERS WANT YOU!


Special Guest Live、CAPITAL RADIOもかなり良かったですね。
DOBERMANのメンバーがゲストプレイヤーとして参加し演奏されたTHE CLASHのカバーの数々♪
いや〜楽しかったですね〜☆

DJもやっぱり結局のところネオスカが一番テンション上がります!!
軽く汗かくくらい踊りまくりました〜。

そんな訳で久々のオールでしたが楽しめました!楽しみまくりました!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


カフーを待ちわびて 【映画】

2009/02/03 10:33
少し前の話です。

カフーを待ちわびて』の試写会に行って参りました。
この作品は原田マハさん原作の第1回日本ラブストーリー大賞受賞作品の映画化です。

画像











主演:玉山鉄二マイコ
監督:中井庸友
脚本:大島里美

舞台は沖縄の離島・与那喜島。
雑貨店を営む友寄明青(玉山鉄二)は、ある日、幸(マイコ)と名乗る女性から思いがけない手紙を受け取る。

「もし絵馬の言葉が本当なら、私をあなたのお嫁さんにしてください。」

遊び心で書いた絵馬に書いた言葉が現実に。
美しいロケーションの沖縄を舞台に繰り広げられる運命の物語。原作とは違うオリジナルのエンディングらしいです。

都会の喧騒から離れた沖縄のゆったりした時間の流れに癒されます。景色も本当にキレイです

カフー』とは沖縄の古い言葉で「果報・良い知らせ・しあわせ」という意味らしいです。
最後にはしあわせがやってくるンです。あんまり言うとネタバレしかねないンですが、とにかく良かったです。もう1回観てみたいし、原作も気になる感じです。
あとはとにかくマイコが良かったです。
あァ綺麗な人だなァとそればっかり気になりました。
いやいや、内容も勿論良かったです。

映画『カフーを待ちわびて』公式サイト →

2月28日公開です。

■予告編
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ALL MUSIC IS MUST!! Lv.1 @ club DROP【EVENT】

2009/01/16 22:22
彼是6日も前の話になってしまいますが、The OLDTONESの初企画イベント『ALL MUSIC IS MUST!! Lv1』に行ってきました♪。2009年初ライブです!もう楽し過ぎて楽し過ぎて、てんやわんやの5時間強でした!

THE OLDTONES presents
ALL MUSIC IS MUST!! Lv.1
2009.01.10(sat)
@心斎橋 CLUB DROP

【BAND】
THE OLDTONES / DOBERMAN / ROMEO
MOTORS / Moody★Rudy

【DJ】
ノリコ(Girls Nite☆)
PIRO &JIRO (RUDE STOMPERS/UNITED KLUB)
and more

【FOOD】
オルトンカフェ

時系列でそれぞれ出演バンドさんのライヴを振り返っていきますと、まずはしょっぱな東京からお越しのMoody★Rudy。初めて拝見しましたが、曲ごとにヴォーカルが変わるという、臨機応変な変則編成。ホーンの分厚いサウンドとスカの軽快なリズムの対比が面白かったです♪
Moody★Rudy "一六二田吉彦"


続きましてMOTERS。『ヴァルハラ』やらなかったのがちょっと残念でしたね。ゆったりめの曲多めでしたが、やっぱりカッコ良いです♪あァ『Butterfly』も聞きたかった!

さて今回唯一のネオスウィングバンドROMEO。異彩を放っていましたが、イベントの良いアクセントになっていたと思います♪哀愁のメロディが魅力的でした。そもそも日本でネオスウィングのバンドってそうそういませんよね?僕の勉強不足かもしれませんが。また見てみたいです。

で、DOBERMAN
もはや説明不要の浪花が生んだスベリ知らずのてっぱんネオスカバンド♪
ほんと、何回見ても興奮するンですよね♪ゆっくり見ようと思っても身体が自然と踊り出す、といった感じで。

大トリお待ちかねのThe OLDTONES!11月にRUDE BOY NITEで初めてみてファンになったのですが、やっぱり良い〜♪もっと見たかったな〜。かなりアッと言う間でした。他のバンドさんたちも勿論ですが、本当に心の底からライヴを楽しんでいる感じが滲み出ていたように思います。来月のHEATWAVEにも是非参加の構えです。
試聴サイト@ →
試聴サイトA →
The OLDTONES "An O.L.T Manval 〜 Mexicnao del Americano 〜


DJの皆さんもキラーチューン連発で全然休憩のタイミングがつかめず大変でした…。
テクノポップダンスも可愛かったし、オルトンバーガーもかなりのボリュームで美味しかったな〜。
新年1発目からこんなに楽しくていいのかッてくらいに楽しかったです!オーディエンス側から見てこのイベント、かなりの大成功だったンではないでしょうか。一緒に行った友達とはplaygroundKing of SKAバリに楽しかったという意見でまとまりました♪
また2回、3回と続くことを期待してます♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


COUNTDOWN JAPAN-WEST-08/09 DAY3 【FES.】

2009/01/08 22:25
昨年の私的ラスト・ライブ、COUNTDOWN JAPAN-WEST-08/09 3日目。

1)BASE BALL BEAR
前回も見たのですが、カッコ良かったので今回も。特に何が良かったッてベースの関根史織さんです。映画『リンダ リンダ リンダ』にも出演しておられましたね。事あるごとに言っていますが、女子がギターやベースを弾く姿がカッコ良いと思うンです。特にベースを小さい身体の女の子が力強く弾いているとたまらん訳です。そんな訳で良かったです、BASE BALL BEAR♪
■Base Ball Bear / Electric Summer


2)dustbox
若かったです。

3)TRICERATOPS
ラズベリー”が懐かしくて燃えました♪

4)GLORY HILL
若かったです、その弐

5)Superfly
凄い盛り上がりでした♪

6)10-FEET
流石に前回関西で大トリやってるだけあって、かなりの盛り上がりでした。ギター&ボーカルのお母さんが電話で生出演には会場バカうけでした☆

7)GOING UNDER GROUND
松本素生がユニオンジャックのジャケット着て出てきたときにはどおなるかと思いましたが、僕的にはこの日のベストアクトでした♪出来たらこのGOING UNDER GROUNDで年越ししたかったくらいです!やっぱり『グラフティ』は名曲です♪ていうか全曲名曲でした♪特に最後の新曲は涙ものでした。
単独行きたい♪
■GOING UNDER GROUND / TWILIGHT


8)サカナクション
完璧にノーマークでしたが、かなり良かったです。ニューレイヴなノリで会場がダンスフロアに変貌した瞬間でした。かなり要チェックです、コレは♪
うっかりlocofrank見に行きそびれました。
■サカナクション/サンプル


9)DJやついいちろう(エレキコミック)
Jポップのキラーチューン満載でなかなか面白かったです♪
ブラックビスケッツの『タイミング』の盛り上がりは異様でした♪

10)bonobos
これまた前回のステージが素晴らしかったのでまた見てしました。最高に幸せなステージでした♪『THANK YOU FOR THE MUSIC』での一体感は感無量でした♪

11)SPECIAL OTHERS
極上のダンスミュージックですね。とにかく演奏上手過ぎ!
最後の曲は14分あったらしいです。見ず知らずの女子が言ってました。

12)KREVA
普段ヒップホップのライブなんて見ることがないので、ちょっと見てみました。
しっとりめの曲からのスタートは意外でした。とってもクールなステージでした♪

13)エレファントカシマシ
宮本さんMCで「エブリバディ!」て言い過ぎ!カウントダウンもMCグダグダで年跨ぎも忙しなかったし…。
でもなんか、それでこそエレカシ!と思いました。彼のマイペースさ加減は尊敬に値します!
アンコールで演奏してくれた新曲は素晴らしかったです♪

やっぱり音楽は素晴らしいです♪
普段触れることのないアーティスト、ジャンルのライブの雰囲気が味わえるのも魅力のひとつですよね。
今年もまた絶対行きますッ☆

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


COUNTDOWN JAPAN08/09 DAY2 【FES.】

2009/01/08 21:50
もう随分経ってしまいましたが、新年明けましておもえでとうございます!
ブログ、小まめに更新しようと思いつつも、公私ともに忙しい日々が続き、なかなか出来ない状態です…。

そんな訳で今更ですが、昨年末に参戦したCOUNTDOWN JAPAN-WEST-の簡単なレポから2009年のブログ、開始したいと思います。

で、肝心のチケットなんですが余裕かましていたら初日がSOLD OUTという悲しい結末でして…。
何でも早め早めですね…。
Perfume見たかったな〜。 Ken Yokoyamaハイスタ時代の『STAY GOLD』やったらしいし、くるりもかなり新曲ガンガンやってたらしいです…。

画像


と、いうわけで2008年12月30日です。
1)犬が吠える by 五十嵐隆
Syrup16g五十嵐隆のソロ・プロジェクトらしいという情報しかないのですが、とにかくメロディとかは相変わらずメランコリックな感じでやはりカッコ良かったです。

2)グループ魂
下ネタ満載過ぎてちょっと…。後ろで見てた女子はかなり馬鹿ウケでしたが…。

3)ASPARAGUS
とにかく上手いです♪3ピースバンドのボーカルの人とかカッコ良いですよね。楽器弾きながら歌うッてかなり難しい気がするンですが…。しのっぴのグダグダなMCも健在で。

4)東京スカパラダイスオーケストラ
1年ぶりです。去年のクリスマスの大阪城ホールぶり。
フェスには欠かせませんね〜♪間違いなく楽しかったです。
LUPIN THE 3rd』とか『SKA ME CRAZY』は格別でした♪

5)YOUR SONG IS GOOD
新曲中心のセットリストでかなりSKA率が高く、会場かなり盛り上がってました!スカパラと同じく1年ぶりでしたが、エンターテイメントなバンドです♪最高に素晴らしかったッ!
■YOUR SONG IS GOOD / A MAN FROM THE NEW TOWN


6)木村カエラ
取り敢えず黄色に「TAXI」と書かれたTシャツのダサさには度肝を抜かれましたが、そんなことよりボブに前髪パッツンな髪型が一番似合いますね、カエラは。一昨年はあんなに沢山見たのに、昨年はこの日が最初で最後でした…。今月発売の下バラードも披露してくれました♪
僕、多分カエラの曲の中で”Magic Music”が一番好きです♪
■木村カエラ / Magic Music


7)JUN SKY WALKER(S)
サマソニでは見逃したので、この日は見れて良かったです!昔からのファンの人たちがかなりいた様子。かなり熱いステージでした。シンプルでストレートな音が潔くで心地よかったです!『すてきな夜空』が聞けて嬉しかった♪
■JUN SKY WALKER(S) / すてきな夜空


8)BEAT CRUSADERS
ジュンスカ終わってから少し見に行ったのですが、ゲストでカエラしのっぴ登場!まさかの『SNOWDOME』!しのっぴはこの日ASUPARAGUSカエラビークルで3回出演ッ!凄いッ!
最後ユアソンJJも参加してました!フェスならではの演出ッ!

9)ACIDMAN
2日目、僕にとっての初日のトリ。
正直、曲はあんまり知らないのですが、去年見てカッコ良かったので今年も見てみました。
うん、間違いなくカッコ良かったです!色々カッコ良い曲があったのですが、曲名が解らず残念です…。
アンコールも猛烈に盛り上がりましたッ♪
欲を言うと、この曲聴きたかったです〜。
■ACIDMAN / UNFOLD


さて、立て続けに大晦日の分もアップします☆
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


カジカジH×DOBERMAN 〜10th Anniversary〜 @なんばHatch【EVENT】

2008/12/20 22:09
画像











  カジカジH×DOBERMAN 〜10th Anniversary〜
  『ビ★クリスマスタ』

  【OPENNING ACT】
  THE OLDTONES / つーじぃのどや顔 / sugar'N'spice

  【LIVE】
  みにまむす。/WRENCH/二階堂和美
  BLACK BOTTOM BRASS BAND
  DOBERMAN

  【DJ】
  ZABIEL / GUM-TAPE


さて、先週14日の話です。
最近仕事がハードでなかなか定期的な更新が出来ず仕舞いですが…。

その日は共に10周年を迎えたカジカジHDOBERMANのコラボ企画『ビ★クリスマスタ』でした!
とにかく楽しかったの一言に尽きます!アレで1010円とはなんとお安いンだろうッ!

会場入り口脇ではカジカジHのブースで撮影会やミニゲームが行われていたようです。
その脇のエスカレータから上階に上がると、ちょうどミニステージでみにまむす。のライブが始まりほんわかとしたムードが素敵でした。

そこからメインステージに移動してドーベルマンのコピーバンド大会が始まりました。The OLDTONESの『DOBERMAN SKA』もえらいカッコ良かったですね〜。

初めて見る二階堂和美さんのボーカルスタイルの豊富さには驚きました。
あんなに声色に表情のある歌い手さんも珍しい。みにまむす。とのコラボもかなり楽しかったです〜。二階堂さん自身もほんわかしてる感じで、それがモロに音楽に活かされてるンだなァと感じました。
話し方なんかも妙に可愛らしくて和みました♪
二階堂和美Lovers Rock


BLACK BOTTOM BRASS BANDも久々に見ましたが、相変わらずのエンターテイナー集団ですね♪純粋に楽しいバンドです。
後半はカジカジHのヘアサロンとのコラボヘアショー☆
斬新な企画でした。

そしてお待ちかねのDOBERMAN
画像



最初はのんびり見るつもりでしたがいざ始まってしまうとダメですね。踊りまくりでいい感じに汗かいちまいました。
やっぱりDOBERMANは凄い! そしてDOBERMANファンは凄いッ!
leap for joy』からアンコールの『DOBERMAN SKA』までアッと言う間の1時間でした♪ 途中MONGOL 800の参加などサプライズも♪
DOBERMANLeap for joy


画像











今までにないタイプのイベントでかなり楽しめました☆
めっちゃ楽しかった〜♪
来年のALL MUSIC IS MUSTも楽しみです!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


UNITED KLUB @ TWICE CAFE 【EVENT】

2008/12/01 21:26
画像










UNITED KLUB
TAKUYA(RUDER THAN RUDE) SKAUTER-K(LOS SKAUTERS) SKAUTER-C(LOS SKAUTERS)
JIRO(RUDE STOMPERS) PIRO(RUDE STOMPERS)

GUEST DJ
WATTAN(from POP UP!)

今年の2月、RUDE BOY NITEでセレクトCDを貰い、その存在を知ったUNITED KLUB。しかし仕事や何やかんやで都合が合わずなかなか行くことが出来なかったUNITED KLUBに初めて行ってきました。

UK ROCK、GUITAR POP、PUNK、NEO MODS、OLDIES、6T'S。IRISH、NEO SKAなどなど、僕の音楽のツボを刺激しまくる内容で、最高に素晴らしいイベントでした♪
もっと早く参加出来てたらよかったなァとしみじみ思いました。
やっぱり家でご近所を気にしながらちまちま聞いてるのとは違って、飲みながら踊って、大音量で聴く音楽は格別ですね♪
いや〜、ほんと良いイベントでした♪


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


イルカ / よしもとばなな 【小説】

2008/11/30 11:06
画像
   よしもとばなな
   イルカ

   文藝文庫
   2008/11/7
   








ばななちゃんの作品を読むのは結構久々。

彼女の書く文章にはときどきドキリとさせられるようなフレーズがさらりと挿入されていたりして、好きです。

イルカ』は本来よしもとばななが書きたかったオカルト的な要素を盛り込んだ内容になってます。あとがきにそう書いてありました。
でも”オカルト”という語感から発せられる怪しい感じや胡散臭さは微塵もなく、清々しい読後感を与えてくれる作品でした♪
著者本人が妊娠中に書き上げた作品のようで、この『イルカ』もそのまま妊娠と出産の物語です。

漫画にしてもそうですが、女性の描く物語と言いうのは男性の描くそれとは違って内面に重きが置かれているように感じます。とくによしもとばななの作品を読むとそのことについてよく考えます。
だから何かの表紙に読んでみたくなるンだろうな、よしもとばなな
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

come wander with me/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる