アクセスカウンタ

<<  2008年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


イルカ / よしもとばなな 【小説】

2008/11/30 11:06
画像
   よしもとばなな
   イルカ

   文藝文庫
   2008/11/7
   








ばななちゃんの作品を読むのは結構久々。

彼女の書く文章にはときどきドキリとさせられるようなフレーズがさらりと挿入されていたりして、好きです。

イルカ』は本来よしもとばななが書きたかったオカルト的な要素を盛り込んだ内容になってます。あとがきにそう書いてありました。
でも”オカルト”という語感から発せられる怪しい感じや胡散臭さは微塵もなく、清々しい読後感を与えてくれる作品でした♪
著者本人が妊娠中に書き上げた作品のようで、この『イルカ』もそのまま妊娠と出産の物語です。

漫画にしてもそうですが、女性の描く物語と言いうのは男性の描くそれとは違って内面に重きが置かれているように感じます。とくによしもとばななの作品を読むとそのことについてよく考えます。
だから何かの表紙に読んでみたくなるンだろうな、よしもとばなな
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


黒川創 / 明るい夜 【小説】

2008/11/29 10:50
画像
   黒川創
   明るい夜

   文藝文庫
   2008/10/10







この作家さんのこと全然知らなかったのですが、物語の舞台が京都だということで買ってみました。
しかも僕が好きそうな青春小説的だったので。

で、いざ調べてみると芥川賞候補2回、三島由紀夫賞候補2回という結構惜しい作家さんであることが判りました。

小説を書くために仕事を辞めたのに最初の一行が書けない「彼」と眠れない「わたし」。
そしてふいに消えた女ともだち。
京都・鴨川べりの古アパートからストーリーは火祭の夜へと雪崩込んでいく。

アルバイトで食い繋ぐ若者の不安定な毎日と様々な出来事に揺れ動く心情を瑞々しい文章で綴った爽やかな作品。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人のセックスを笑うな 【映画】

2008/11/28 11:03
画像
   人のセックスを笑うな
   出演: , 永作博美松山ケンイチ蒼井優忍成修吾
   監督: 井口奈己

   販売元: Happinet(SB)(D)
   DVD発売日: 2008/07/25
   時間: 137 分






本格的に寒くなってきましたね。
何だかまた観たくなってしまって、ついにDVDを買ってしまいました。
19歳のみるめ君と39歳のユリの、切ない恋愛映画。
人のセックスを笑うな

この映画の永作博美はとにかくヤバいです。小悪魔です小悪魔ッ!
松山ケンイチとのキスシーンは見ている方がくすぐったくなるンですよね。
本当に自然体な演技です、出演者の皆さん。
蒼井優が演じるえんちゃんの台詞にも色々好きなフレーズがあったりして、少し深かったりします。

只管にゆるくて良いンです。
疲れたときにのんびり見れる冬の映画ですね。
音楽もHAKASE-SUNで素敵♪

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


天国はまだ遠く 【映画】

2008/11/27 10:04
画像
画像


出演:加藤ローサ徳井義実(チュートリアル)
監督・脚本:長澤雅彦
原作:瀬尾まい子天国はまだ遠く』(新潮社刊)

今年は映画を沢山見に行こうと思っていたのですが、気が付けば劇場に足を運んだのは春以来でした…。
瀬尾まい子さん原作の映画『天国はまだ遠く』見てきました。
主演は加藤ローサとチュートリアルの徳井義実

千鶴は自殺する為に田舎の宿を訪れるが、結局死ねない…。
宿の主や村の人々を少しずつ心を通わす中で、生きる希望を取り戻していく、再生の物語です。

思ってた以上にと言うと怒られそうですが、とても良い映画でした。
というのも主演のふたりの素朴な演技が好印象でした。
特に徳井は細かい感情の機微を上手く演じていたと思います。妄想まみれの漫才のネタのお陰でしょうか…。

終始のんびりとそして淡々とした流れの映画でしたが、故にかなりの癒し効果もありました。
かもめ食堂』みたいに食事がめちゃくちゃ美味しそうでした。

『天国はまだ遠く』公式HP →
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


中村航 / 僕の好きな人が、よく眠れますように 【小説】

2008/11/26 10:57
画像
   中村航
   僕の好きな人が、よく眠れますように

   角川グループパブリッシング
   2008/10/30






随分久しぶりの更新になってしまいました…。

さて、普段は通勤の電車でしか本を読まない僕ですが、流石に家で一気読みしてしまいました。
中村航さんの『僕の好きな人が、よく眠れますように』。

中村節炸裂の恋愛小説です。
洒脱で軽快な会話が魅力です。
やっぱり中村さんの小説好きだなァッていうのが一番の感想です♪
多分今年読んだ中で一番良かった小説はこれだと思います!
間違いありませんッ!

一度タガの外れた恋愛の加速度は驚異的ですね。
人を好きになるということを、大切に大切に描いています。
そして塩御飯をおかずに御飯を食べる木戸さんの登場にも驚きました。

画像
   野性時代 No.61
   
   角川グループパブリッシング
   2008/11/12







こちらも要チェックです!
僕の好きな人が、よく眠れますように』刊行記念、中村航大特集!
対談with梅佳代長嶋有&河野丈洋GOING UNDER GROUND)とのバンド「狛犬」セッションなどなど掲載!

中村航さん公式HP →
角川グループパブリッシングHP →
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


RUDE BOY NITE 京都MUSE復活祭&レコ発記念パーティー

2008/11/17 11:42
11月8日の話です。
京都MUSEへ行ってきました。RUDE BOY NITEです!
RUDE BOY NITEの10周年を記念して作られたジャパニーズスカの最強コンピ、その名も『RUDE BOY NITE』のレコ発と京都MUSEのリニューアル記念イベントでした。

画像
   Various Artist
   RUDE BOY NITE

   2008/10/12
   Hammerkin' Production



【LIVE】
SUPER STRAW / RUDE STOMPERS
THE OLDTONES / GANG★SKA★STERS
SNAKEY&STORMY MANDAYS(メンバーのご家族の方が事故に遭われたらしく、残念ながら今回は不参加)

【DJ】
A-Arai(PLASTIC HEAD/RUDE BOY NITE)
TAKE(LOS SKAUTERS/NEO SKANDAL)
Ming-Chi&MASATO(RUDE BOY NITE/SPECIAL BREW)

お目当ては勿論RUDE STOMPERS!僕は大阪在住なので、大阪のライブハウスだけでも結構見たいバンドは見れちゃう訳です。だから今までなかなか他府県にまで張り切って出て行ったこともなかった訳ですが、そんな僕がわざわざ京都まで遠出しても見たいバンド、それがRUDE STOMPERSなんです♪
毎回同じことしか言ってませんがとにかくカッコ良い訳ですよ。アッと言う間の30分。踊りに踊らせて頂きました!

RUDE STOMPERSDAY OF LIFEFISHING


そして昨日の収穫はTHE OLDTONESです!初めてライブ見たのですが、完璧ハマりました♪
RUDEでCUTE、ほんと胸キュンです!振り付けもついてて見て聞いて感じて、楽しいバンドでした〜。
スプリット7インチ購入したのですが、そのときにボーカルの娘さんと握手して頂いたのですが、あまりの手の小ささに驚き。小さな身体の何処にあれ程のパワーがあるのかと感動すら覚えました♪
京都まで行った甲斐ありましたよ。またTHE OLDTONES主催のイベントがあるということなので是非参加したいと思います♪

画像
  Moody★Rudy×The OLDTONES
  split 7inch

  The OLDTONES
  1. An O.L.T Manual
  2.O-MYU-JI-MA

The OLDTONES BREAKAWAYO-MYU-JI-MA


SUPER STRAWは僕が大学生の頃に活動していたバンド。当時スカコア/スカパンクが全盛でしたが残念ながらSUPER STRAWのライブを見る機会に恵まれず、昨日が初。かなりゴリゴリのサウンドでしたが、スカコアをよく聞いていた若かりし頃を思い出して、何だか懐かしかったです。

一口に10年と言っても継続するのッてかなり大変なんだと思いますが、とにかくRUDE BOY NITE最高ですね♪年は3回のRUDE BOY NITE全て参加出来たのですが、どれもこれも見事なまでに楽しかったです♪ 遠路遥々京都まで行って良かったです!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


<<  2008年11月のブログ記事  >> 

トップへ

come wander with me 2008年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる